menu

プレゼントエピソードのご紹介

まとめ シニア層に送るプレゼントエピソード

近年ではシニア世代が第二の人生を楽しんでいる姿をそこかしこで見ることが出来ます。例えば還暦を過ぎても昔のように引退をするのではなく、第二の人生を楽しもうという気概に満ちている人が多いようにも見えるのです。昔に比べると今のシニア世代は若々しく、還暦というひとつの区切りを迎えても年寄り扱いしてしまうのも難しい気がしますが、それでも還暦祝いというものはしておきたいものです。

目次

還暦祝いに何を贈るべきか?

還暦祝いとは60歳の節目を祝うことです。昔は赤いちゃんちゃんこを贈っていましたが、これは還暦で人は生まれ直す、つまり赤ちゃんに戻るという意味があり、赤ちゃんが着るちゃんちゃんこを贈っていたのです。赤い色は魔除けの意味があり、現在では赤いちゃんちゃんこ自体はあまり贈られなくなったようですが、赤い色をした身に着けるものを贈ることもあるようです。例えば赤い下着、靴下、シャツなど服飾雑貨などは選びやすいですし、贈る相手によっては赤いバッグや靴などを贈ったという話も聞いたことがあります。色も厳密にあの派手な赤ではなく、赤系統の柄や色合いのものを選んでもよさそうです。

還暦祝いは何をしたらいい?

私の両親の還暦祝いの時には、兄弟と一緒にお金を出し合ってちょっと良いランクのお店に行って家族で食事をしました。それらのお店は父の還暦祝い、母の還暦祝いとそれぞれの食べたいもののリクエストを聞いてお店を選びましたが、良い記念になりました。子どもたちも既に独立して社会人になり別々に暮らしていたので、久しぶりに家族皆で集まって食事を楽しむことが、還暦を迎えた両親にとっては嬉しいものであったようです。還暦祝いの品物は、予算は3万円程度と考えて、父が前々からほしがっていた大きめサイズのタブレットや、料理好きな母に琺瑯素材の赤い鍋を贈って、今でも重宝されているようです。還暦祝いといっても定番の品物を選ぶのではなく、祝われる本人の欲しいものを聞いてそれを贈る方が良いこともあります。もし何もいらないと言われたりリクエストがもらえなかった場合は、還暦以降の人生を楽しめるように趣味があれば趣味の関連のグッズや旅行券、花や美味しいものをプレゼントしたり、お洒落な服や靴などを一緒に選んで買ったりするのもいいですね。

還暦祝いは確かに人生の節目を祝う大切なものですが、必要以上に高価なプレゼントなどを贈る必要はないでしょう。贈る側、贈られる側の状況にもよりますし、たとえささやかでも祝う気持ちが喜ばれるもとになるのですから。

金婚式とは?

金婚式とは、結婚50年目を祝うものです。結婚から50年、半世紀の間夫婦でいたと思うとなんだか感慨深いものがありますね。以前、金婚式を迎えた親族のお祝いのために数人の親族でお金を出し合ってプレゼントを贈ったことがあります。ある有名なブランドの陶器の人形でしたが、それもそういったものが好きな夫婦だったのでとても喜ばれて今でも彼らの家のリビングに飾られています。もちろん金婚式のお祝いも祝いたい気持ちを形にしたものなので、基本的には何を贈っても良いですし、品物を贈らなくても金婚式を迎えた夫婦の親族を集めて食事会をしたりするのもいいものです。年齢を重ねて子どもたちが独立していくと昔のように親戚同士顔を合わせる機会が少なくなっていく家も多いですから、久しぶりに親戚が一同に会して楽しく食事をして、近況を語り合うというのも良さそうです。

金婚式に贈る品物は?

還暦の時とは違って、金婚式に贈るプレゼントは夫婦のどちらにも喜んでもらえる品物を選びたいものです。ただし夫婦でも趣味や好みが違うと品物を選ぶのは難しいことがありますから、そういった時には旅行に連れて行ってあげたり、現金や金券でお祝いを差し上げたりしても大丈夫です。こちらもこれでなければならないという決まり事があるわけではなく、気持ちの問題です。金婚式をお祝いしたいという気持ちで、その夫婦が喜んでくれそうなものだったら何でもいいと思います。

ある知り合いは、金婚式を迎えた夫婦がガーデニング好きだと知っていたので、事前に欲しい苗やお洒落な鉢などのガーデニンググッズをリクエストしてもらってそれを贈ったといいますし、他にも一族皆で資金を出し合ってバスを貸し切って温泉旅行に行って祝ったという人もいます。またある人は家のリフォームの代金を両親の金婚式のお祝いの代わりに出したという人もいました。金婚式を迎えるということはそれなりの年齢なので、家を過ごしやすくリフォームする必要があることもあり、これも実用的で夫婦には喜ばれたようです。金婚式のお祝いといっても形にこだわる必要はありませんね。